伝える言葉を考える

夜景のレストラン

女性にとって思い出に残るプロポーズを行なう場合、結婚指輪と一緒に花を贈りましょう。海外ではプロポーズに花束を贈る事が一般化している国もあります。 花は女性の心を惹き付けるだけでなく、今後の二人の記念を増やすためにも有効なものなのです。結婚後、道端やフラワーショップでプロポーズに使った花を見かける度に、当時の思い出を振り返る事ができます。 プロポーズに合わせて女性に花を贈る場合、花言葉に気を付けるようにしましょう。例えばバラは色によって花言葉が異なります。赤色であれば一途な愛の象徴になりますが、黄色は「嫉妬」と言った意味もありますので、今後の事を考えた場合不吉な予感を感じさせてしまいます。十分気を付けるようにしましょう。

プロポーズに贈る花は、一般的に販売されているものではなく、専用商品を購入するようにしましょう。近年ではプロポーズ用に開発されている一輪の花などがあります。こうしたバラは、中に結婚指輪を挿入する事ができますので、贈られた女性に二重の喜びをもたらす事ができます。 また近年はプロポーズ用のプリザーブドフラワーが販売されています。プリザーブドフラワーは特殊な液体を使用する事によって、寿命が長くなっているフラワーです。保管状態が良ければ5年以上持たせる事もできますので、プロポーズフラワーとして相応しいと言えるでしょう。 プリザーブドフラワーと一緒に結婚指輪を贈れば、女性の心を射抜く事は間違いありません。近年ではこの二つを一つの小箱に入れたセット商品も販売されています。